こうじ酵素の効能にはどんなものがあるのか気になる

こうじ酵素の「こうじ」はひらがなで書かれていますが、ご存じのように「麹」のことです。麹菌ともいい、味噌や醤油など日本の食卓に欠かせない存在です。

麹は「糀」とも書かれることがありますが、日本人が作った感じだそうで、お米の表面に花を咲かせたようにカビを繁殖させた様子から生まれたようです。

麹には豆や麦の表面にカビをはやしたものもあるのですが、麹(糀)はアスペルギルス・オリゼーともいい、国菌に認定されている菌だそうです。

実はこの麹菌は野生の菌種を人間が使いやすいように改良されたもので、もとの菌種は毒性が強く、場合によっては人を殺してしまうほどだそうですが、改良されて品質のよい菌に変わり、現在の麹菌になりました。

◆麹菌の働きはすごい


麹は、でんぷんをグルコースという糖類に分解したり、タンパク質をアミノ酸に分解したりする力があります。

麹菌そのものに、必須アミノ酸や必須ビタミンが豊富に含まれていることもわかっているのですが、それが身体に栄養や免疫力を高めるため、麹を使った甘酒は「飲む点滴」とよばれるほどで、現在は身体を温める飲み物として飲まれることが多いですが、江戸時代は夏を乗り切るために飲まれていました。

麹はコラーゲンの育成を助けたり、肌の再生を高めたりする働きもあるため、美肌の効果も期待できます。

腸の調子を整えてくれる、食物繊維や乳酸菌が含まれていることもよく知られているので、便秘にも効果が期待でき、肌荒れの解消にも効果が期待できます。

◆人の身体には酵素も必要


「酵素はダイエットにいい」と考えている人もいます。酵素が無いと人間は生きていきませんが、酵素を摂る=ダイエットになるという考えは少し間違っています。

人間の身体にある潜在酵素は、食べ物を消化したり、新陳代謝を助ける働きをするのですが、人が物を食べると、まずそれを消化するために潜在酵素は消化酵素を増やします。

すると、代謝酵素が減ることになりますので、消費カロリーが低くなることになります。潜在酵素は若いときはたくさん身体の中にあるため、消化酵素に回っても代謝酵素が十分足りているため、多少食べ過ぎても大丈夫ですが、潜在酵素は年齢が上がるのと同時に減ってしまいます。

潜在酵素を無駄遣いしないようにするため、食事の前にこうじ酵素を飲むことで、消化酵素を助け、代謝酵素へ潜在酵素を回すことが徐々にできるようになります。

◆まとめ

こうじ酵素を作るときに使われる麹菌にすごいパワーがあることが分かりました。飲み方さえ気を付ければ、こうじ酵素で上手に痩せやすい身体を作り、そのおかげでダイエットが成功するようです。腸の調子も整えてもらえそうですので、ダイエットだけでなく体調を整えるためにもこうじ酵素を飲んでみませんか?

公式サイトはこちら!

こうじ酵素

https://cp.u-u-kan.jp/

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ